訪問看護師にはバイトやパートなどの働き方もあります。が、とりあえず、訪問看護ステーションに所属している、フルタイム勤務の訪問看護師の1日のタイムスケジュールについて紹介をします。


ほとんどのス訪問看護テーションでは、8時30分から9時に仕事が始まります。まず最初に、スタッフ全員でミーティングをします。それぞれの担当患者さんの申し送り、その日の連絡事項の報告をします。気になる患者さんがいるケースでは、その症状や状況を確認し、スタッフ皆で情報の共有をします。ミーティング中も患者さんやその家族、ケマネージャーやヘルパーなどから、電話が入ります。ステーションによっては、ミーティングにおいて申し送り、連絡事項だけでなく、社会人として必要な話を加えるところもあると言います。先達の言葉だったり、最近の現象だったり、人として成長をしなければいけないという気持ちから始めたのだそうです。


ミーティングが終ったら、9時30分から10時ごろ、まずは最初の患者さん宅へ向かいます。1時間の看護を行った後、次の患者さん宅へ向かいます。このように午前中に2軒の看護をするのが通常のパターンです。患者さんによって看護の時聞は違いますが、一度の訪問時間は45分から1時間くらいです。まずパイタルをチェックをし、リハビリや薬の管理、お通じ、お小水のケアや褥瘡ケア、点滴やカテーテルを使用しているケースはその処理も行います。


1時間の昼休みを取って、午後の訪問へ行きます。午後も午前とおなじように2軒の看護をします。終わったら、訪問看護ステーションに戻って、医師やケアマネージャーへの報告書を作ります。ステーション内でのカンファレンスをして、一日のスケジュールは終わりです。


これが訪問看護師の1日のタイムスケジュールです。この合間に緊急の呼び出しがかかって、患者さんのケアにあたったり、各種の勉強会に行くこともあります。緊急の患者さんが入る場合はカンファレンスに参加することもあるでしょう。しかし容体の急変などがない限りは、決まったパターンで動けます。なので、リズムを作りやすい仕事と言えるでしょう。