訪問看護師の仕事は、大変なプレッシャーがあります。病院勤務とは違い、マンツーマンで患者さんの看護をします。確かな看護の知識も必要になりますし、その他にも、判断力や調整力、コミュニケーション能力などが要求されます。ですから、逆の言い方をすれば、やりがいのある職業と言うことができるでしょう。


看護師を目指す以上、必ず一度は、訪問看護師を経験したほうがいいとも言われています。訪問看護師の仕事には、看護の意義が凝縮されています。1対1で患者さんを看護できる事実は、医療機関の勤務では体験できない経験になるでしょう。訪問看護師での経験は、医療機関で同じ時間、看護師として働く倍、またはそれ以上の看護の意義を感じることになるとも言われています。訪問看護師の看護師たちはいつも笑顔です。仕事の充実感からくるものと思われます。訪問看護師を経験することで、看護師のスキルは確実にアップすることでしょう。


難しい仕事なので、ある程度、看護師としての基本的なキャリアを経てから、たどり着くのが訪問看護師、という流れがいいという人もいます。ですが、その一方で、看護師になったら、まず訪問看護師を経験して、それぞれの進路を考えるほうがいいと言う人もいます。もっと理想的なのは、資格を取得後、まずは訪問看護師になり、その後、医療機関で経験を重ねて、最後には訪問看護師としてキャリアを終えるという流れが良いでしょう。


最初に、1対1の訪問看護を経験し、看護本来の意味をだいたいつかんだ後、医療機関で仕事をすると、その違いにはっきりと気づけるでしょう。