在宅医療では、様々な年齢層の患者さんの看護をしますが、その中でも多いのは高齢者でしょう。高齢者とひとことで言っても、その状況や症状はさまざまです。看護方法を言いきることはできません。あまり動けなかったり、寝たきりの患者さんの場合には、日常の生活動作訓練や体位交換などを行います。褥瘡があれば治療もします。予防のためにできることを家族に伝授します。また、便秘も高齢者にとって多い症状です。医師の指示通りに、下腹部の指圧をしたり、おなかの周りのマッサージをしたり、摘便を行っていきます。
一方で、認知症の患者さんには歯磨きや食事、排泄など生活面でのケアをしていきます。そうした中で、生活のリズムを整えます。介護疲れをしている家族の方の悩みを聞いたり、ストレスのはけ口になってあげるのも一つの役目です。
高齢者は季節の変化や水分不足などで体調が変わりやすいです。持病が悪化してしまうこともあるでしょう。認知症などでは、自分の症状をうまく話せないケースもあります。患者さんの小さな変化を見逃してはいけません。早めの対策を練りましょう。