目立って増えているのが、認知症の患者さんです。高齢者の場合、慢性疾患と共に認知症が発症している場合が多く見られます。認知症はアルツハイマー型、脳血管性認知症、レビー小体型、前頭側頭型の4つのタイプに分かれます。訪問看護で一番多いのはアルツハイマー型認知症です。中核症状としては、記憶障害、見当識障害、判断力の低下などが見られます。周辺症状としては徘徊、妄想、せん妄、異食、暴力、睡眠障害などがあげられます。訪問看護師は、薬剤調整のための医師への報告と家族の支援を目的とします。入院時と違って、自宅では、服用チェックや転倒、誤聴、会話中の呂律や、コミュニケーション障害などの薬の副作用のリスクに対応することが難しくなっています。入院時よりも自宅療養時に、薬の調整をされている場合が多く見られます。なので、訪問看護師は、薬の効果を副作用も加味して判断し、医師に伝えます。訪問看護師の報告が処方箋に結びつくのです。非常に重要な仕事です。また、認知症の患者さんの家族は、介護が非常に大変で疲れています。訪問看護師は、家族のメンタルケアも行います。