デイケアの中にも、精神疾患を持つ人たちの支援に特化した「精神科デイケア」という施設がある。精神科デイケアへ通うことで、日常生活の訓練や人間関係などの生活で必要なことを学んだり、リハビリを通して利用者への支援を行っていくのである。
精神科と名がつく通り、主に精神科の病院やクリニックが持っている部門である。通院しているが病状は比較的安定しており、入院の必要はないがリハビリなどが必要な利用者たちがやってくる。場所によっては、就学や就職に向けて社会参加のサポートを行っているところもあるようだ。
この精神科デイケアは、これまで精神疾患と闘う人たちの受け皿として各地域で必要とされてきた施設であるが、近年では「地域活動支援センター」といった福祉サービスが増えてきている。その結果、地域でも細かく役割分担を行えるようになってきているのである。一部のデイケアでは、利用者宅へ訪問したり外出したりといったことを積極的に行えるようにもなってきた。その他にも、就労支援に力を入れる・治療に重きを置くなど居場所というあり方の以外、デイケアが本来目的としてきた活動に力を入れる取り組みを始めているようだ。
また、これまでのデイケアは総合失調症や躁うつ病の利用者を中心として治療・支援を行ってきたが、最近ではさらに支援の幅を広げ、うつ病などで働くことが困難な人達の復職復帰も支援の一つに加えるところが増えてきているのだ。加えて、デイケアへ通うことにより起きる時間や食事をとる時間・薬を飲む時間などが固定されていくため、生活リズムを整えることも可能になる。
デイケアに勤めるスタッフは、看護師・精神保健福祉士・作業療法士・臨床心理士・医師がおり、チームを組んで利用者の支援を行っていく。そして支援を行う上で、利用者の心理状態の変化・異常に素早く気づくことが大変重要であるといえる。薬の作用・副作用を観察し、どう対処すべきか話し合い利用者の病状回復に向けてリハビリのプログラムを練っていくのである。